骨髄移植ドナー支援奨励金事業

瑞浪市では白血病等の血液難病患者さんを一人でも多く救うため、ドナー登録者数の増加と骨髄提供をためらう人が一歩でも踏み出すきっかけづくりとなるよう骨髄・末梢血幹細胞移植の推進とドナー登録者の増加を図るため支援事業(奨励金事業)を開始しました。

対象者

1.市内に住所を有し公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において骨髄・末梢血幹細胞の提供を完了した方
2.前号の者を雇用している事業所
(注)いずれも4月1日以降に提供が完了した場合

詳細は、

http://www.city.mizunami.lg.jp/docs/2015033100021/


命のボランティア、ドナー登録

日頃は多くの方のご協力に感謝申し上げます。
しかし現実は、まだ多くの方のドナー登録を必要としていますので、引き続きご協力をお願いいたします。

骨髄バンクの登録に関する詳細がわかるチャンス(フラッシュ版)をご覧ください。

「チャンス」Flash版は Flash Player の最新バージョンを必要とします。
Get Adobe Acrobat Reader


骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や再生不良性貧血などの病気によって、正常な造血が行われなくなってしまった患者さんの造血幹細胞を、健康な方の造血幹細胞と入れ替える(実際はドナーから採取された造血幹細胞を点滴静注する)ことにより、造血機能を回復させる治療法です。

日本では「骨髄バンク事業」が1992年から開始され、これまでに多くの患者さんを救う実績をあげています。しかし、日本の骨髄バンクで骨髄移植や末梢血幹細胞移植を必要とする患者さんは、毎年少なくとも2000人程度です。一人でも多くの患者さんを救うためには、一人でも多くのドナー登録が必要です。

ドナーを待つ患者さんにとっては、あなたの登録が、大きな希望になります。