活動報告

2015.6.9 骨髄バンク・日本縦断キャラバン 来瑞

骨髄キャラバン2015 (24)-

骨髄バンク・日本縦断キャラバン 来瑞

2015.6.9 瑞浪市役所

 全国骨髄バンク推進連絡協議会が設立25周年を迎え、これを記念して「日本縦断キャラバン」を実施しています。
 瑞浪市は、岐阜県初の骨髄移植ドナー支援奨励金制度のある市ですので、塩尻から岐阜へ向かう途中に表敬訪問をしていただきました。
 市役所にてアピール文を副市長へ渡し、キャラバンの話をお聞きしました。その後、前会長のL.堀部より今までの骨髄バンクと奨励金の経緯を話していただき、勝股会長の御礼で懇談は終了となりました。
 市役所前にて、キャラバンカーを前に骨髄の関係者と市役所の職員、保健センターの職員、桔梗ライオンズメンバーで記念写真を撮影いたしました。


岐阜県初 骨髄移植ドナー支援奨励金交付!

 当クラブの要望にて瑞浪市が白血病等の血液難病患者さんを一人でも多く救うため、ドナー登録者数の増加と骨髄提供をためらう人が一歩でも踏み出すきっかけづくりとなるよう骨髄・末梢血幹細胞移植の推進とドナー登録者の増加を図るため支援事業(奨励金事業)を開始しました。

詳細は、http://www.city.mizunami.lg.jp/docs/2015033100021/

中日新聞2015.5.30
※東濃初とありますが、岐阜県初です。


関連記事

PAGE TOP